【リフォーム】【塗装】そして【注文住宅】の集客・受注コンサルティング。一人親方さんから年商20億円の会社まで、【集客】【売上】【業績】アップのお手伝い!

2003年11月にスタートした住宅・リフォーム販促情報局。最初に、これまでの実績をご覧ください。

リフォーム・塗装・新築業界の集客事例が日本一集まる住宅・リフォーム販促情報局ご不明な点などがございましたらお気軽に!0120-177-790《受付時間》 月曜日〜金曜日  午前10:00〜午後5:00
続きを読む

Instagram集客!
分かっちゃいるけれど、出来ないんですよね!

 

注文住宅はInstagram集客が有効です。
下記のソーシャルネットワークの解析をご覧ください。

 

資料02-1

 

「Instagramって、20代、30代のSNSだろ!」
「やってみたけれど、散々だったよ・・・」
「もう遅いんじゃない・・・?」

Instagramを敬遠する動きが多いです。
半面、成功している会社さんも増えています。

Instagram集客が合う業界ならば、力を入れることをお勧めします。

Instagram集客が合う業界とは、新築・建て替えを市場とする工務店業界です。
今、Instagram経由の見学会集客、イベント集客、来店が増えているからです。

 

 

本当に、Instagram集客は効果的なのか?

以下に、先ほどの解析データからInstagramに絞った指標を示します。

 

資料02-2

 

この会社では、単月のSNSからのセッションが1,083回記録されています。
そして、Instagramからは264回です。
SNS全体の中に占める割合は少ないですが、『今すぐ客』と『まだ先客』の集客に役立ちます。

 

また、Instagramの新規ユーザー数202をご覧ください。
全体が425ですから、SNSからの流入が約50%を占めているのです。
更に、Instagramのリンク先のホームページからの直帰率が低いです。
なんと、17.80%です。

そして、最も重要なのは反響が取れるのか?ということでしょう。
コンバージョン率をご覧ください。0.38%です。
SNSの中では、最も高いコンバージョン率です。

この様にInstagram集客は、コツさえ分かっていれば有効なのです。

 

 

なぜ、注文住宅で効果的なのに、
リフォーム業界・塗装業界では成果が出ないのか?

Instagramを利用したEコマース(ネット通販)で、大きな成長を遂げたのはアパレル業界です。

なぜ、アパレル業界でInstagram集客が先行したのか?
それは、Instagramは、ビジュアルコミュニケーションによって、
顧客の購買動機をくすぐるツールだからです。
(英語:visual communication は、図や写真、映像等を中心にした視覚伝達である。
視覚コミュニケーションとも呼ばれる。)

画像や映像(ビジュアル)を顧客に見せることによって、
「私もこんな洋服を着てみたい!」
「今年の流行は、こんな感じなんだ」と欲求を喚起して、売上につなげているのです。

住宅業界も同じです。
新築や建て替える方たちは、新しい生活への欲求を持っています。
いわゆる欲求充足型のビジネスなので、Instagramが役立ちます。

ところが、一般的にリフォームや塗替えに欲求を持っている方は多くありません。

リフォームは、
「地震で倒れないような家にリフォームしたい」という欲求充足型ではなく、
「地震で壊れないような家にしなければ」という不安解消型のビジネスなのです。

塗装業界も同じです。
「新築のようなピカピカの家にしたい!」という欲求充足型よりも、
「家が劣化しないように、そろそろメンテナンスするしかない」という
不安解消型のビジネスなのです。

 

Instagram集客で成功するコツ

Instagram集客で成功するポイントは3つです。

1つ目は写真です。
Instagramはビジュアルコミュニケーションのツールです。

ですから、顧客の五感を刺激する写真が重要です。
五感を刺激する写真とは、投稿された写真から、イメージが広がるということです。

「このリビングなら、私の思っていた生活ができる・・・」
「この洗面だったら、ホテルで生活しているみたい・・・」
「テラスがオシャレ。私が夢見ていたデザイン・・・」

Instagramを見た方が、こんな感覚を持てれば、集客につながるでしょう。


2つ目が専門のスタッフを置く
ことです。
できれば、担当スタッフ自身がInstagramのアカウントを持ち、
フォロワーが1万人くらいいれば最高です。

なぜならば、個人のアカウントのフォロワーを増やすコツを知る方なら、
会社のアカウントのフォロワーを増やすことは簡単なはずです。


3つ目がInstagramの投稿を日常業務に組み込む
ことです。
これが一番のハードルかもしれません。

なぜならば、経営者は今すぐの結果ばかりを求めるからです。
Instagramは、目の前のお客様を刈り取るチラシとは違います。
フォロワーを増やすなど、長期的な視点を持ち、
自社のInstagramアカウントを育てることが重要です。

そして、フォロワーを育てれば、継続的に反響を取ることが可能になるでしょう。
時間の経過とともに反響が増えるのは、Web戦略の特徴です。
Instagramにも同じような特徴があります。
日々のInstagram投稿という日常業務が、お金のかからない自動集客ツールに育てます。

 

先人たちが、Instagram集客で大きな成功を手にしています。

今なら、まだ間に合います。

セミナー開催情報

Copyright 2019 by TOTAL PRODUCTS INC All rights reserved.