先日、私のメンターである堀之内高久先生の定例会に参加しました。
そして、堀之内先生から一方的に『危機的状況』を通告されました(笑)。

 

正直、何が危機的状況なのか?

その時は、あまりピンとこなかった。

 

なぜならば、「何もしなくても数か月は持つだろう・・・」。

その位の気持ちしか感じなかった。
ところが・・・。

 

 

稲盛和夫氏の著書によれば、
苦難は前世の業を解消する試練。

そうであれば、苦難に感謝しながら乗り越えるしかありません。

 

どうやら、私の知らないところで、社内の人間関係の問題があるようです。

もしかすると、部下にしてみれば、
全員が私との人間関係に悩んでいるのかもしれないが・・・(笑)

 

人間関係で悩んでいるなら、

相手を責めるのではなく、

自分の不徳を振り返れば解決する。

相手は変えられないのです。

 

 

業績が思うようでなければ、

景気を言い訳にしないで、

事実と正面から向き合うしかありません。

顧客が欲しがっている現実と、私たちが提供する価値を合わせれば業績は上向きます。

 

 

不安・怖れ・怒りがあるなら、

そのことばかり考えないで、

喜び・幸せも同じくらい思い出したらいい。

ネガティブなことを考えることは避けられない。

ならば、意識的にポジティブなことを思い出してみることをすればいい。

自分の心の状態は、いつでも自分で変えることが出来るのです。

 

 

 

誰かのせいにしたり、
出来事のせいにしたり、
だだボーっとTVを見ているなら、
それこそが危機的状況のど真ん中かもしれません。

 

自分を悔い改めようと気づけば、

出口が見えて希望となって救われるからです。

 

5cb79fc4ca05f0160714b0a2939cb8b7_m

 

稲盛氏のように、
連続するストレスを前世の業の癒しと捉え楽しんで生きる。

とても素敵な考え方だと思います。

 

 

誰かのせいにしたり、出来事のせいにしない。
出会ったメンバーが創造と貢献で支え合う組織。
一人ひとりが幸せに働ける組織づくり。

 

私たちは、
メンバーが創造と貢献で支え合う組織を応援してまいります。

そして、人格形成と自己実現を支援してまいります。

2019年もよろしくお願いいたします。

オンライン無料相談受付中!少しの工夫で「集客&業績」アップ。

セミナー開催情報

Copyright 2022 by TOTAL PRODUCTS INC All rights reserved.