3月22日。中小企業庁から、令和元年度補正予算・令和3年度補正予算「小規模事業者持続化補助金<一般型>」の公募開始が発表されました。

いくつかの条件によって、最大200万円補助されるようになったのです。

 

小規模事業者持続化補助金<一般型>

 

通常枠、賃金引上げ枠、卒業枠、後継者支援枠、創業枠、インボイス枠の概要は以下の通りです。
詳しくは中小企業庁のホームページでご確認ください。

 

概要

令和元年度補正予算で継続して実施している「通常枠」に加え、令和3年度補正予算より、5種類の特別枠を拡充。

 

通常枠

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人が経営計画を自ら策定し、商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む販路開拓等の取組を支援
【補助率】2/3
【補助上限額】50万円

 

賃金引上げ枠

【申請要件】事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+30円以上(既に達成している場合は、現在支給している、事業場内最低賃金より+30円以上)とした事業者
【補助率】2/3(赤字事業者は3/4)
【補助上限額】200万円

 

卒業枠

【申請要件】常時使用する従業員を増やし、小規模事業者の従業員数を超えて規模を拡大する事業者
【補助率】2/3
【補助上限額】200万円

 

後継者支援枠

【申請要件】将来的に事業承継を行う予定があり、新たな取組を行う後継者候補としてアトツギ甲子園※のファイナリストになった事業者
【補助率】2/3
【補助上限額】200万円

※全国各地の中小企業の後継者・後継者候補(アトツギ)が、 新規事業アイデアを競うピッチイベントです。アトツギ甲子園 運営事務局

 

創業枠

【申請要件】産業競争力強化法に基づく認定市区町村や、認定連携創業支援等事業者が実施した「特定創業支援等事業」による支援を過去3か年の間に受け、かつ、過去3か年の間に開業した事業者
【補助率】2/3
【補助上限額】200万円

 

インボイス枠

【申請要件】2021年9月30日から2023年9月30日の属する課税期間で、一度でも免税事業者であった又は免税事業者であることが見込まれる事業者のうち、インボイス発行事業者に登録した事業者
【補助率】2/3
【補助上限額】100万円

 

 

事業再構築化補助金の採択

マックス1億円補助される事業再構築化補助金。
会員様に中小企業診断士を紹介して、これまでの申請は全て採択されました。

7千万円、4千万円、3千万円…。採択され補助金が支給される。
モデルハウスを建てる会員様、シェアショップを開設する会員様、セミナールームを作る会員様。
補助額が増えた国の制度。利用できる方は、お勧めします。

 

また、事業再構築化補助金に関しては優秀な中小企業診断士、そして、補助額が200万円に増えた小規模事業者持続化補助金に関しては、優秀な行政書士をご紹介します。
ご希望の方は声をかけてください。

  著者:椎名 規夫(しいな のりお)
住宅・リフォーム販促情報局 代表
株式会社エムディー 代表取締役社長
経歴:社団法人取手青年会議所 1999年理事長講演実績:日本郵便(株)、三井住友海上保険会社、中部電力、日本M&Aセンター‎、(株)船井総合研究所、(株)三洋堂書店、日本創造研究所、(独)教職員支援機構、中央労働災害防止協会:大阪安全衛生教育センター、(財)日本品質保証機構、(福)名古屋市社会福祉協議会、東京都教育委員会指定道徳授業地区公開講座、川口市労使講座、長野商工会青年部、静岡県清水建設業協会青年部、千葉県宅地建物取引業協会松戸支部研修、(社)常総青年会議所コミュニケーション研修など、多数。
・全国6万社が加盟する中央労働災害防止協会でコミュニケーション研修担当
・独立行政法人教職員支援機構で全国の小・中、高等学校の教員向けコーチング研修担当
・労働基準監督官(国家公務員)合同研修でメンタルトレーニング・コミュニケーション技術担当
オンライン無料相談受付中!少しの工夫で「集客&業績」アップ。

セミナー開催情報

Copyright 2022 by TOTAL PRODUCTS INC All rights reserved.