ウェブ時代で見えてきたこと! 成功を続ける会員さん、そして、「アマゾン、楽天市場、カカクコム」に共通する成功法

Googleの検索サービスは無料
Amazonで書評を見て、比較検討するのも無料
出張先で宿泊するホテル情報の比較検討も無料
そして、それらの無料サービスを利用することで、私たちは何らかの商品・サービスに対して対価を支払う。

無料でサービスを利用することを『ボランタリー経済』
お金を支払って商品・サービスを得ることを『マネタリー経済』と言います。

ボランタリー経済とは「自発性の経済」と言われています。
世界中で多くの人々が、善意や好意など、自らの自発的意志によって行う活動で、「ウィキペディア」はその代表です。

例えば、家事や育児、子どもの躾、老人介護、地域での相互扶助や環境保全などは、いずれもボランタリー経済の活動です。
そして、これらのボランタリー経済が欠けてしまうと、マネタリー経済(紙幣経済)そのものが活動を停止してしまうと言われています。

今、ビジネスの成功には、マネタリー経済とボランタリー経済の融合が必要だと言われています。
もちろん、皆さんはボランタリー経済の戦術として、「ブログ」「Q&A」「YouTube」「SNS」などを駆使しているでしょう。
今後、ボランタリー経済に沿った戦術がビジネスの機会を広げます。
そんなヒントになる動画をつくりました。

▶広告費をかけても勝てない時代! 成功者から学ぶ『マネタリーとボランタリーの融合』広告費“0”円集客・仕組みのチャンス

オンライン無料相談受付中!少しの工夫で「集客&業績」アップ。

セミナー開催情報

Copyright 2023 by TOTAL PRODUCTS INC All rights reserved.