【リフォーム】【塗装】そして【注文住宅】の集客・受注コンサルティング。一人親方さんから年商20億円の会社まで、【集客】【売上】【業績】アップのお手伝い!

2003年11月にスタートした住宅・リフォーム販促情報局。最初に、これまでの実績をご覧ください。

リフォーム・塗装・新築業界の集客事例が日本一集まる住宅・リフォーム販促情報局ご不明な点などがございましたらお気軽に!0120-177-790《受付時間》 月曜日〜金曜日  午前10:00〜午後5:00
続きを読む

「もし、20坪程度のショールームで集客できたら・・・」
「もし、駐車場がなくてもイベントができたら・・・」
「お風呂・キッチンを置くスペースがなくても受注できるとしたら・・・」

 

2019年1月、2週連続、週末4日間の自社ショールームイベントで受注見込みが1億円。
(その内1週はメーカーショールームでの開催)

そんな話を耳にしたら、そのショールームの見学に行きたいですよね。
そこで、早速、見学に行ってきました。

やってきたのは、お客様に愛されているリフォーム会社、志賀塗装株式会社さんです。

 

そして、ビックリ。

「駐車場がない・・・お店の目の前に1台分は停められるけれど・・・」
「4日間で1億の受注見込みが取れる?でも、打ち合わせスペースがないじゃない・・・」
「えぇ!お風呂とキッチン工事も受注できるって言っていたのに、現物が置いてないよ・・・」

 

そうです。4日で1億円の見込みを獲得したショールームは、
イベントを開催するには、決して最適とは言えない環境です。

それなのに、なぜ、4日間で1億も見込みが取れたのでしょう?

 

 

多くの方が広いショールームがないと、イベント集客が難しいと考えますよね。
「多くの商品がショールームにないと集客できない・・・」 と。

ところが、取材して驚きました。

「トイレを飾っておけば、水まわりリフォームが取れるんです。
そして、外壁の塗替えまでいただけるので、4日間で1億の見込みになるんです」
と志賀さんが教えてくれました。

入口を入ってすぐに、 16台のトイレの展示があります。

入口を入ってすぐに、
16台のトイレの展示があります。

 

なぜ、事務所スペース込み25坪のショールームで、
1億円の受注見込みが取れるのか?

トイレ交換。
それはリフォームする時代から、買いに行く時代に変化したようです。

以前なら、
「トイレを交換したいんです」
「トイレをリフォームしたいんです」とお客様から相談されていました。

ところが今、
「このトイレください」
「トイレが欲しいんですが、これはいくらですか?」に変わったそうです。

それは家電屋さんにテレビを買いに行くのと似ています。

 

10年以上使用したテレビが壊れたときに、
「テレビを交換したいんです」
「テレビを修理したいんです」と家電の販売員さんに言わないですよね。

「このテレビください」
「テレビが欲しいんですが、どれがいいでしょう?」と相談しますね。

お客様にとって、トイレとテレビを買うのは同じ感覚のようです。

トイレは他のリフォームと違って、 家電のように「買いに行く」商品。

トイレは他のリフォームと違って、
家電のように「買いに行く」商品。

 

なぜ、お風呂・キッチンの現物がなくても、
水まわりリフォームが受注できるのか?

「このお風呂ください」
「キッチンが欲しいんですが、いくらですか?」と、
買いに来るお客様は、まだ少ないでしょう。

なぜならば、お客様はお風呂・キッチンのリフォームでは、
そのまま交換するとは考えていないからです。

お風呂やキッチンのリフォームでは、入替だけのリフォームですまない場合があるからです。

「お風呂を交換するなら広くしたい!」
「この機会にキッチンとダイニングの動線も考えたい」
「お風呂、洗面所、キッチン。もう少し家事が楽にならないかな?」

 

この様に、お風呂やキッチンのリフォームの場合、
ショールームで現物を見る以上にお客様の要望が伴うのです。
だから、お風呂とキッチンが自社ショールームにはなくてもいいのです。

お客様が実物を確認したければ、メーカーショールームに案内すればいいのです。
志賀塗装さんでは、お風呂やキッチンは、カタログで十分に商談が進められるそうです。

これが、大きなスペースがなくても、自社ショールームで成功できる理由の一つです。

 

なぜ、事務所前に1台分の駐車場しかないのに、
来店者は駐車場に困らないのか?

イベント開催中、同時に6組の商談が同時進行します。

ところが、ショールームは想像以上に間口が狭いです。間口は2間半ほど。
そして、ショールーム前の駐車スペースは、わずか1台です。

イベント当日の来場者の駐車スペースは、どうするのでしょう?
すると、面白い工夫を教えてくれました。

「駐車場のある近所のお店とジョイントし、駐車スペースを借りる」
「お客様が近隣のコインパーキングを利用してくれる。
お客様は、来場特典で駐車料金の元は取れる」

入口前のスペースはイベント時には 受付スペースになっています。

入口前のスペースはイベント時には
受付スペースになっています。

 

私は、改めて大切な事を教えてもらいました。

出来ない言い訳ではなく、実践する。
実践できるように、みんなで知恵を出し合い工夫するのです。

 

今年最初のイベントチラシ

今年最初のイベントチラシ

 

2週続けてイベント開催。 こちらはTOTOショールームにて。

2週続けてイベント開催。
こちらはTOTOショールームにて。

セミナー開催情報

Copyright 2019 by TOTAL PRODUCTS INC All rights reserved.