続きを読む

20120221t.jpg
→ その他の成功事例はこちらから


これだけ知っておけば、
他のチラシにも応用できる方法をお伝えします!

見学会や相談会も同じイベントには変わりないですからね。

それはいったい何か?

顧客ターゲットへのメッセージの書き方です。

例えば、顧客ターゲットへのメッセージは、
メインコピーの上、【こんな方は是非お越しください】
といった部分で表しますね。

そのメッセージは、例えば・・・『水廻りリフォームをお考えの方』では正直弱いです。
そこからもう少し絞れるんです!

今回の事例で言うと、

■リフォームについて知りたいことはあるけど
まだ先の計画だから相談しにくいと思っている方

■リフォーム店に聞きたいことはあるけど売り込まれるのはイヤという方

この2つのコピーには同じ思いを持った顧客が存在します。

さて、どんな思いでしょうか?

簡単ですね。

まだ売り込まれたくない!
という思いですね。

では、今はガードが堅い「まだ売り込まれたくない顧客」は、
この段階では何を欲しいと感じているのでしょうか?

それがオファーとなるわけですね。

ターゲットと想定する顧客が、
具体的にどんな場面の時にどんな相談したいと思うのか?ということに焦点を当ててみてください。

それがメッセージとして掲載出来るコピーになりますね。

参考にするチラシのコピーをそのまま書くことよりも
ちょっと頭をひねって自社が欲しい顧客へのメッセージを作りましょう!

オンライン無料相談受付中!少しの工夫で「集客&業績」アップ。

セミナー開催情報

Copyright 2021 by TOTAL PRODUCTS INC All rights reserved.